内容紹介

コロナで日本が止まる中、世界では大きな変化がおきていた。
Web3.0、NFT、ステーブルコイン・・・・・・。

働き方のルール、資産形成の常識、国境を越えた動き。すべてが変わりゆくなかで我々が生き残る道はあるのか?

2014年頃、日本には世界一のビットコイン取引所があった。
2017年末に仮想通貨相場の盛り上がりを牽引したのも日本の投資家だった。
その後、仮想通貨の「冬の時代」を経て、2020年末、米国を中心に世界が再び仮想通貨に目覚めたが、かつての仮想通貨大国の日本は眠りについたままだった。
2021年に仮想通貨業界をめぐる状況は一変し、NFTをはじめとしたWeb3.0が台頭した。日本はこの先沈んでいくしかないのか?