内容紹介

「私たちにとって最高最良の姿見が登場!」
冨山和彦氏(経営共創基盤グループ会長)解説

「日本的力強さ」の再発見!
日本のビジネス界の表裏を知り尽くした経営学者が、日本企業の新たな飛躍への挑戦を描く。

●世界が必要とするディープテックのニッチ市場で比類のない競争力を誇る日本企業。日本のビジネスは安定を重視しながらも、確実に変革を遂げてきた。「失われた30年」は、ビジネス大転換の時代だったのだ。この変革の波はこれからも続いていく。

●戦略的リポジショニングにより、中核事業を選択し、そのアップグレードに集中、DXでの競争力を高めるために未来のビジネスに投資する。同時に、成熟事業と新規事業の共存を図り、創造性とディープテクノロジーのイノベーションを促す経営改革を行い、新しい企業カルチャーを構築する。日本企業はこの必要不可欠な戦略を実行し、ビジネスを再興してきたのだ。そしてこの変革は、日本の伝統的なタイトな文化のもとで実現されてきたのだ。

●「ルーズな文化」「タイトな文化」という社会心理学のフレームワークをもとに、日本企業の行動様式を分析。日本社会のタイトな文化的文脈の下で、日本企業はアメリカ企業とは異なり、時間をかけ、社会的な安定とのバランスをとりながら、ゆっくりと着実に変革を進めるところに独自性がある、その強みを見失ってはならない、と著者は説く。

●日本で学び、現在、カリフォルニア大学で日本の経営、ビジネス、科学技術を研究するドイツ人研究者が、21世紀以降の日本企業の行動を分析し、その変革力を考察。日本企業の「再興」=リインベンションへの取り組みを通じて、バブル崩壊以降広がった日本悲観論・軽視論を退ける。

目次

はじめに
謝 辞

第1章 イントロダクション:ビジネス再興
 集合ニッチ戦略
 戦略的リポジショニング
 組織刷新
 失われた20~30年は大転換の時代
 タイトな文化における変革マネジメント
 豊かさ、平等、企業の社会的役割
 日本のビジネス再興:本書の構成

第2章 背 景:タイトな文化における企業変革
 日本のビジネス研究における文化
 タイト・ルーズの枠組み:国ごとの組織カルチャーの違い
 タイトな文化のトリガーとメカニズム
 コンテンツ:日本企業の3つの規範
 タイトな文化の中で組織刷新と革新を管理する
 日本のタイトな組織カルチャーの負の側面

第3章 背景:日本の経済的台頭――終身雇用を通じた安定
 戦後の高度経済成長期
 全社戦略:規模とネットワークを通じた保険
 終身雇用の仕組み
 1987~1991年のバブル経済:高成長期をどう紐解くか
 バブルの後遺症
 
第4章 コアコンセプト:集合ニッチ戦略
 変革の必要性:アジアにおける新しい競争力学
 事業の再興
 「ジャパン・インサイド」への移行
 1998年の戦略的転換点と小泉ブーム
 アベノミクス
 事業を切る難しさ:パナソニックとソニー
 コストとゆっくりと調整するメリット

第5章 インパクト:グローバルビジネスにおける日本の役割
 日本と米国
 日本と韓国
 日本と中国
 日本と東南アジア
 日本への憧れ:ポップカルチャーと消費者向け製品
 日本のグローバルな合併・買収

第6章 マネジメント変革:ガバナンス、スチュワードシップ、役員報酬
 コーポレート・ガバナンスは何のためか?
 新しい株主
 コーポレート・ガバナンス改革
 スチュワードシップ・コード: 資産運用者に権限を与える
 役員報酬とカルロス・ゴーン・スキャンダル

第7章 財務市場:プライベート・エクイティとM&A
 プライベート・エクイティ業界
 日本流プライベート・エクイティ
 忍耐力とパートナーシップ
 事例:東芝のドラマ
 課題:プロ経営者
 アクティビスト投資家
 パブリック・エクイティ・ファンドとみさき投資
 M&A:友好的か、敵対的か

第8章 再興のマネジメント:組織カルチャーの変革
 二重戦略のマネジメント
 アラインメント・モデル
 レガシーのつながり: モノづくり
 新・日本のつながり:ブレークスルー・イノベーション
 タイトな文化の中で変革を実施する
 リーダーシップ
 事例:AGC
 A3

第9章 雇用とイノベーション:カイシャの再興
 終身雇用のコストとメリット
 構造的な人手不足
 働き方改革
 終身雇用は守れるのか?――副業制度
 事例:リクルートホールディングス
 Jスタートアップ:イノベーション・エコシステムを築く代替手法

第10章 日本の今後:デジタル経済に向けたビジネス再興
 製造の未来:デジタル現場
 デジタル経済に向けた再興:ソフトバンクとトヨタの参入
 本書の結論:なぜ新・日本が重要なのか

解説 冨山和彦(経営共創基盤グループ会長)