2021年末まで新体操日本代表(フェアリージャパンPOLA)を17年間指導していた山崎浩子さんの新刊『筋トレより軸トレ!運動のトリセツ』が発売されました。山崎さんが「もっと早く知っていれば……」と悔やみ、「選手のみなさん、申し訳ございません!」と心の中で謝罪したという「4スタンス理論」。からだの軸に着目するこの理論は、スポーツをする人に役立つだけでなく、立つ、座る、歩くといった日常の動作にも大きく関わるといいます。

(上)新体操・山崎浩子 実は運動嫌い 選手の皆さんにおわび
(下)新体操・山崎浩子 若く見える、疲れづらい…その秘訣は ←今回はココ

 「(上)新体操・山崎浩子 実は運動嫌い 選手の皆さんにおわび」でご紹介した「4スタンス理論」は、「軸」に着眼点を置いています。「からだを楽に動かせるようにするために必要なのは、軸。筋肉を鍛えることよりも、まずは軸に乗って動くことが重要です」と山崎浩子さんは言います。

元日本体操協会 新体操強化本部長 山崎浩子
元日本体操協会 新体操強化本部長 山崎浩子
1960年、鹿児島県生まれ。鹿児島純心女子高校時代に新体操を始め、インターハイ、国体で団体優勝。東京女子体育大学に進学後、全日本選手権5連勝。84年にはロサンゼルス五輪に出場し、8位入賞。同年引退。引退後は後進の指導にあたる傍ら、テレビ番組「クイズダービー」に出演し、スポーツライターとしても活躍。2004年に新体操の強化本部長に就任。21年まで務めた。※崎の本来の表記は「大」部分が「立」の「たつさき」
画像のクリックで拡大表示

からだの軸をつくる5ポイントとは?

 では、いったい軸とは何なのでしょうか。

 「4スタンス理論には、5つの重要なポイントがあります。首の付け根、みぞおち、股関節、膝、土踏まず(足底)。このからだの5ポイントが、軸を形成する要素=軸の正体です」

この5ポイントのうち、3つ以上が直線上にそろうことでからだに軸ができ、スムーズで安定した動きができる
画像のクリックで拡大表示
この5ポイントのうち、3つ以上が直線上にそろうことでからだに軸ができ、スムーズで安定した動きができる

 そしてこの「軸の乗り方」には、血液型のように4つのタイプがあります。

 書籍 『筋トレより軸トレ!運動のトリセツ』 でも、この4つのタイプのからだの動かし方について、山崎さんは具体的に解説しています。

正しいからだの動かし方 4タイプ

 「下のイラストのように、重心を置く場所によって、A1、A2、B1、B2の4タイプにわかれます。A1、A2、B1、B2では、立ち方、歩き方、座り方などにも違いが出ます。つまり『正しいからだの動かし方』の正解は1つではなく、4つあるのです」

前重心(A)か後ろ重心(B)か。内側重心(1)か外側重心(2)かでA1、A2、B1、B2の4タイプにわかれます。4タイプの見分け方の一例は(上)をご参照ください
画像のクリックで拡大表示
前重心(A)か後ろ重心(B)か。内側重心(1)か外側重心(2)かでA1、A2、B1、B2の4タイプにわかれます。4タイプの見分け方の一例は(上)をご参照ください

軸に乗れば、身のこなしが軽やかになる

 「4スタンス理論」を実践するメリットは3つあります。

メリット1/疲れづらい(運動が楽になる)

 例えば、片足を上げた時。不安定な状態だったら、からだを安定させるために多くのエネルギーを使うため、パワーが出しづらくなります。一方、4スタンス理論を実践して軸にしっかり乗れていれば、からだが安定します。パワーが出しやすくなり、軽い力で運動をすることができるようになる。つまり、力を効率的に使うことができるようになるのです。

メリット2/故障しづらい

 4スタンス理論の実践は、「歯車をはめる作業」のようなものです。最初に歯車が合わなければ、永遠に不具合が続きます。からだを動かすときも、最初に歯車がズレると無理な動きになり、からだの故障につながっていきます。タイプ別の初動(動き出し)やタイプに合ったからだの動かし方を知れば、歯車がカチッと合い、故障もしづらくなるはずです。

メリット3/若く見える

 4スタンス理論を実践するメリットは、日常生活にも見いだせます。立つ、歩く、座る……どんな時でも軸にさえ乗れていれば、姿勢がよくなり、身のこなしが軽やかになる。周りから若々しく見られるはずです。ただ「自分のタイプの軸を意識して動く」だけ。たとえあなたが運動をしていなかったとしても、大きな変化を感じることができるでしょう。

このイラストのように、タイプごとに座る、立つ、歩くがどう違うか、ゴルフのスイング、テニスの構えがどう違うかなどを解説しています
画像のクリックで拡大表示
このイラストのように、タイプごとに座る、立つ、歩くがどう違うか、ゴルフのスイング、テニスの構えがどう違うかなどを解説しています

 さらに、もしあなたが指導者なら、自分と指導する選手のタイプを知ることで「なんでこの選手はできないんだろう」「選手に理解してもらえない」という思いが払拭され、指導のミスマッチが解消できるはず。4つのタイプに合った動きを理解すれば、選手に備わった能力を最大限に引き出せるのです。

 4スタンス理論を知り、「からだの軸を意識する」だけで、これらのメリットを享受でき、誰もが日常生活を楽に過ごせるようになるはずです。タイプチェックや4スタンス理論の詳細は、ぜひ本を手に取って確認してみてください。

頑張らずに「疲れない、けがしづらい、若見えするからだ」へ
■軸に重点を置いたメソッド「4スタンス理論」とは?
■無駄な筋トレはいらない。重要なのは軸に乗る“軸トレ”
■正しいからだの動かし方は血液型のように4タイプある
■部活指導者、スポーツ指導者必読。「選手と指導者のミスマッチ」という不幸をなくす運動理論

山崎浩子著、日経BP、1870円(税込み)

構成/日経xwoman編集部 写真/洞澤佐智子

日経xwoman 2022年8月1日付の記事を転載]