2022年8月に逝去した京セラ創業者の稲盛和夫氏。「どうすれば会社経営がうまくいくのか」という経営の原理原則をまとめた「経営12カ条」を自身の言葉で解説する書籍の発行準備を進めていた。同書の内容を基に、稲盛経営の集大成ともいうべき12の経営の原理原則を一つずつ紹介していく。今回は第9条「勇気をもって事に当たる」。

(写真:PIXTA)
(写真:PIXTA)

 「経営12カ条」では、第7条「経営は強い意志で決まる」、第8条「燃える闘魂」、第9条「勇気をもって事に当たる」と一見すると似たような内容が続きます。第9条で「勇気をもって事に当たる」とわざわざ言うのは、次のような理由があるからです。

 経営者やリーダーにとって自分がおかした過ちを潔く認めて改めることは、勇気のなかでも一番大切なことです。失敗した場合、たいていの人は、言い逃れをしたり言い訳をしたりしますが、部下から見ればそれは見苦しいものです。自分が失敗したことを素直に認めて、過ちを改めることは、非常に勇気の要ることですが、これが一番大切な勇気なのです。

 そういう真の勇気をもっていないと、部下の信頼を失ってしまいます。たとえば、過ちを詫びもしないで、平然としているような卑怯な振る舞いをしていると、部下はリーダーを尊敬するどころか、軽蔑するでしょう。たった一度でも、そうした卑怯な振る舞いをして部下の信頼を失えば、後々そのリーダーがどんな立派なことを言おうと、部下はその言葉を信用せず、ついてきてはくれません。部下からの尊敬と信頼を失い、軽蔑を受けるようなことがあっては、リーダーとしての資格を失ったも同然です。

 過ちがあれば潔く認めて詫び、決して言い逃れをしてはなりません。部下の前で言い逃れをし、理屈にもならない理屈をこね回して、自分の正当性を示そうとするリーダーがいますが、これは卑怯な振る舞いです。それは、部下からも見え見えで、そういうリーダーは経営者の端くれにも入りません。 

 勇気をもって事に当たる前に、まず、卑怯な振る舞いがあってはならないということが非常に大事なのです。そういう意味で第9条には「卑怯な振る舞いがあってはならない」という副題を付け加えているのです。

『経営12カ条 経営者として貫くべきこと』(稲盛和夫著、日経BP 日経新聞出版)
『経営12カ条 経営者として貫くべきこと』(稲盛和夫著、日経BP 日経新聞出版)

正義を貫くために必要なもの

 勇気をもって事に当たることは、経営者やリーダーが物事の判断を下す際に必要なことです。しかし、決めたことがすべてよい結果を生み出すとは限りません。何かをなせば、すべてにおいて作用と反作用があります。いいことだと思って決めても、それを決めたことで起こる反作用が必ずあるわけです。

 いいことだと思っても、反作用が起こることが想像できると、「その判断はよくないのではないか」と思い、躊躇してしまうことがあります。さらに反作用による不都合が生じないように、ない知恵を絞りはじめると、結論を出せなくなってしまいます。「こうしなければならない。結論はこうだと思う。しかし、それをすると反作用があまりに大きい。そうしたいのはやまやまだが、それでは困るから、やり方を変えよう」。そう思って妥協案を探しているうちに、決められなかったり、決めたとしても足して2で割ったような中途半端な決め方になったりしてしまいます。勇気のない人がそういう決め方をすると、会社経営もうまくいかなくなります。

(写真:千倉 志野)
(写真:千倉 志野)

 正しいと思って決めたことでも、人から非難されたり、思わぬ苦労をしたりするなど、ネガティブなことは必ず起こります。しかし、リーダーであれば、そのネガティブなことを承知したうえで、「これはいま、どうしてもやらなければならないことだ。これは正しい決断だ。その決断を下したことでネガティブなことが起こるなら、あえてそれを受けよう。ネガティブなことは私自身が解決していくつもりだ」という覚悟がなければなりません。その苦労を厭わない勇気がなければ、物事は決まりません。勇気をもたず、足して2で割ったような中途半端な判断では、決してよい結果をもたらさないのです。

 そのためにも、「自分は正しいことをやっているのだ」という信念がなければなりません。後ろめたさがあったのでは、勇気が出てこないからです。「自分自身が正義を貫いている」という信念があってこそ、真の勇気が湧いてくると私は思っています。

(写真:PIXTA)
(写真:PIXTA)
画像のクリックで拡大表示

次回は第10条「常に創造的な仕事をする」

日経ビジネス電子版 2022年11月2日付の記事を転載]

「これさえ守れば、会社や事業は必ずうまくいく」──。実践のなかから生み出された経営の要諦である稲盛和夫氏の「経営12カ条」。その真髄をあますところなく語った書籍がついに刊行。 『稲盛和夫の実学』 『アメーバ経営』 に続く「稲盛経営3部作」、ここに完結。

稲盛和夫(著)、日本経済新聞出版、1870円(税込み)
稲盛和夫氏を師と仰ぐ経営者たちは、どのように稲盛氏の教えを学び、実践してきたのか。「経営者とはどんな人間であるべきか」という根源的な問いへの答えが、稲盛氏と、その門下生たちの言葉から見えてくる。稲盛氏の「究極のリーダーシップ論」を実例とともに解き明かした1冊が日経ビジネス人文庫に登場。

日経トップリーダー(編)、日本経済新聞出版、880円(税込み)