伝え方が下手なせいで、ひょっとして損をしていませんか? 私たちには、「つい、言い過ぎやすい」「相手の言い過ぎに過敏になりやすい」性質があるといいます。脳科学者の中野信子さんによると、コミュニケーションがうまい人は皆、知らず知らずのうちにこうした性質への配慮ができているそうです。

 どのように伝えれば、自分自身がストレスをためずに良好な人間関係を築けるのでしょうか。本企画では、読者の皆さんの体験談を募集し、中野さんと「うまい伝え方」を考えるためのヒントを探っていきたいと思います。

「間違ったルール」を教えられた。あなたはどうする?

 突然ですが、ちょっと考えてみてください。あなたは、あるゲームに参加することになりました。しかし、そこで知らされたルールが、あなたが知っている「一般的なルール」と大きく違う。「私、間違えたルールを教えられちゃったな」と気付いた、そんな状況です。

 そんなとき、あなたならどうしますか?

 「自分のほうが正しいから、この正しいルールでやりましょう」と働きかけるか。それとも、「そうは言っても、こういうふうに言われたしな」と間違えて教えてもらったルールを守るか。

 この2つから選ぶとしたら、どちらが自分のタイプにより近いでしょうか。ぜひ、選んでからこの先を読み進めてください。

 さて、この「間違ったルール」に対する2タイプの接し方は、単に「ルールに対する考え方」や「性格」、「合理性」の違いによるものではありません。遺伝子を解析したところ、ドーパミン(神経伝達物質の1つ。幸福感ややる気に関係している)の分解酵素の活性具合が違うということが分かっています。つまり、「間違ったルール」でも従うか従わないかは、脳に違いがあり、私たちはその脳の反応に従って自分の行動を決めているということなのです。

脳の違いがコミュニケーションの取り方の違いに

 さて、こうした脳の違いは、コミュニケーションの取り方の違いとなって現れることも分かっています。

 まず、「間違っていると分かっていても指示されたルールに従う人」。このタイプはコミュニケーションにおいても、自分の気持ちよりも他人の気持ちを優先しやすいことが分かっています。言いたいことがあっても言えない、本音を打ち明けられない…ついため込んでしまいやすいのも、このタイプです。

 反対に、「自分が正しいなら、自分のルールでやろうとする人」。こちらのタイプは、相手の気持ちよりも自分の気持ちを優先しやすいことが分かっています。 前編 でお話しした「つい、言い過ぎる」のもこのタイプですし、私自身は圧倒的にこのタイプだと思っています。

脳の2タイプ、世界ではどう分布?

 ちなみに、この2タイプは世界的な分布傾向もある程度分かっており、東アジアは、前者の「誤りだと分かっていてもルールを守る」タイプが全人口の75%程度いて、他の地域よりも多いといわれています。一時期、「日本の働き方っておかしいよ」という議論が欧米を中心とする各国から持ちかけられ、「長時間労働をやめるべき」という風潮になったにもかかわらず、日本企業の多くは長時間労働がやめられない、ということがありました。その背景には、「間違っているかもしれないけど、それまでのやり方に従う」という前者的な思考があったのかもしれません。

 一方で、ヨーロッパはどうかというと、割合が逆転します。後者の「自分のルールでやる」タイプが約6割。このような視点で考えると、世界史で学習したような戦争や革命が、フランスやドイツで何度も起きてきた理由が分かる気がします。

環境に合わせて戦略を変える

 ただし、ここで言いたいのは、どちらのタイプがいいとか悪いとか、そういうことではありません。どちらにも一長一短、メリットとデメリット、強みと弱みがあります。

 私たちに求められているのは、自分がどちらのタイプなのかを知った上で、環境に合わせて戦略を変えていくことです。

「どちらのタイプも一長一短なのです」
「どちらのタイプも一長一短なのです」
画像のクリックで拡大表示

 「間違っていると分かっていても指示されたルールに従う人」は、ついため込みやすい自分の本心をうまく言葉にする方法を身に付けると、きっと毎日がもっと楽になると思います。この アンケート (本調査は終了しました)では、「言い過ぎた」「ひどいことを言われた!」という体験談だけではなく、「本当は言いたかったのに、うまく言葉にできなくて伝えられなかった思い」も募集しています。ぜひ、あなたの体験談をお寄せください。

 また、「自分が正しいなら、自分のルールでやろうとする人」は、「つい、言い過ぎてしまいそうな」シチュエーションになったときに自分に上手にブレーキをかけられるようになると、言いたいことをきちんと伝えながらも「言い過ぎた!」とあとで後悔することは減っていくのではないでしょうか。どういうふうに伝えたら、もっとよい関係性を築くことができたのか。ぜひ、一緒に考えていきましょう。

 両者がそれぞれの良さを生かしながらお互いを思いやることができたら、誰しもがより良い関係性を築いていけると思っています。

 ぜひ、皆さんの体験談をお聞かせください。

【体験談募集】「ものの言い方・伝え方」に関するアンケートに回答する (本調査は終了いたしました。またのご協力をお願いいたします)

文/幸田華子(第1編集部) イラスト/shutterstock