内容紹介

「たんぽぽ先生の在宅報酬Q&A」の第2版。
2022年度診療報酬改定に対応、図解を充実させ、全国在宅医療テストの過去問も収載


ベストセラー書籍「たんぽぽ先生の在宅報酬算定マニュアル」の姉妹書「たんぽぽ先生の在宅報酬Q&A」の第2版。「在宅報酬算定マニュアル」の主な内容を実践的なQ&Aで身につけられる書籍。解説は会話形式でまとめ、図表やイラストもふんだんに使い、親しみやすさを感じながら在宅報酬で重要になるポイントを学べる内容となっている。

今回の第2版では、2022年度診療報酬改定に完全対応したほか、1章の「在宅医療の基礎を学ぼう!」について図版を中心とした解説にリニューアルし、視覚的に理解できるようにした。2章以降の各Q&Aの解説も2ページから3ページに増やし、在宅報酬を理解するためのポイントを強調、「かゆいところに手が届く」解説を目指した。最終章には、医療法人ゆうの森が毎年秋に実施している全国在宅医療テストの過去問題を収載・解説しているので、同テストの対策にも活用できる。

2章では、患者が在宅医療を利用し始めてから在宅で亡くなるまでのプロセスに沿ってQ&Aをラインアップし、現場の業務に沿って学べるように工夫を凝らした。「訪問診療の初診はどの報酬を算定するのか?」「電話で患者から相談があった時に算定できる報酬は?」といった、報酬請求の際に迷いがちなQ&Aも収載している。

「在宅報酬算定マニュアル」が教科書とすれば、本書は、「在宅報酬算定マニュアル」で身につけた知識の理解度を確認するための副読本、在宅報酬にまだあまり馴染みのない医療・介護従事者のための入門書と位置づけられる。「在宅報酬算定マニュアル」の著者である医療法人ゆうの森・理事長の永井康徳氏と、同法人の業務サポート室室長の江篭平紀子氏が執筆を担当し、「在宅報酬算定マニュアル」とも連動しているので、両方の書籍を併読することで在宅報酬算定ルールの習熟度をより高められる。

【内容】
1章 在宅医療の基礎を学ぼう!
2章 在宅医療の提供プロセスに沿って学ぶ報酬算定
3章 在宅診療の報酬
4章 訪問看護の報酬
5章 制度関連や高齢者施設・住宅、訪問リハビリの報酬
6章 全国在宅医療テストの過去問解説