内容紹介

教育にもデジタルトランスフォーメーション(DX)の波が押し寄せている。国が進めるGIGAスクール構想により、全ての小中学生がコンピューターを使えるようになり、本格的にICTを活用した授業が始まった。同様の流れは高等学校と大学にも波及し、児童・生徒、学生は自分のコンピューターを使って学習する時代になった。それと同時に、国は教育データの利活用を軸にした「データ駆動型教育」への転換に向けた基盤整備を急いでいる。教員の熱意と経験に支えられてきた教育が、DXによって大きく変わろうとしている。本書では、教育DXを理解するための基本的なキーワード、国が推進する教育データ基盤整備の全体像、ICTを活用した先進的な授業の事例などを豊富な図版を使って解説する。

■目次
【入門編】ICT活用教育のいまを知る
教育のデジタル化に関わる重要なキーワードを分かりやすく解説
GIGAスクール構想/ デジタル教科書/ デジタルシティズンシップ/ 教育(ビッグ)データ/ STEAM教育/ 情報銀行、PDS、ほか

■インタビュー
東北大学大学院 情報科学研究科 教授
東京学芸大学大学院 教育学研究科 教授
堀田 龍也氏

【解説編】DXの方向性と課題を探る
教育DXで終わる画一的な一斉授業/データ駆動型教育に転換できるか/情報モラルからデジタルシティズンシップへ/DX時代に教員が果たす役割とは?、ほか

■インタビュー
慶應義塾大学総合政策学部 教授
デジタル庁 デジタルエデュケーション統括
中室 牧子氏

【事例編】注目の先進的な取り組み
つくば市立みどりの学園義務教育学校/愛知県春日井市立高森台中学校/大分県玖珠町教育委員会/広尾学園 医進・サイエンスコース/沖縄アミークスインターナショナル小学校、ほか

【資料編】参考事例で教育DXをつかむ
教育とICTに関する関連情報/公立学校情報化ランキング