内容紹介

言葉のプロが500人以上の声を集めて作った一冊。
あなたの一言で部下が伸びる!
見直すべき「声のかけ方」30のシーン

-----------------------------

イソップの寓話「北風と太陽」のお話を覚えていますか?
本書は「北風上司」と「太陽上司」を主人公にした物語形式の一冊です。

急激な働き方の変化、昭和・平成・令和各世代の価値観の違い…。
そして動画、写真、絵文字などによる〝言葉″の進化。

こうしたなかで、人はどんな言葉に救われ、前向きな気持ちになれるのか。
逆に、どんな言葉に足がすくみ、気力を失うのか。

博報堂スピーチライターで「話し方のプロ」である 著者ひきたよしあきさんが
500人以上の声から導き出した「相手に響く言葉選びと伝え方のコツ」をご紹介します。

□相手を励まし、前向きにさせる「太陽言葉」

・プレッシャーに押し潰されそうな部下の心を軽くする言葉
・大きなミスをして落ち込んでいる部下を立ち直らせる言葉
・家庭の事情に悩む部下を勇気づける言葉
・「その仕事、やる意味あるんですか?」と言う部下を諭す言葉
・人の「いい行動」を見たときに効果的に褒める言葉
・心の不調を感じ始めている部下を休ませる言葉
・予防線を張りがちな部下の意識を変える言葉


□相手のやる気をなくさせ、恐怖を与える「北風言葉」

・チャレンジしようとする部下の芽を潰す言葉
・部下に、「上司にはしごを外された」と感じさせる言葉
・仕事に私情を挟んで、部下を混乱させる自分勝手な言葉
・育休明けでやる気に満ちている部下の気持ちを削ぐ言葉
・ついてきてくれる部下の心を一瞬で冷めさせる言葉
・部下の手柄をかすめ取る卑怯な言葉
・部下にマウントを取って自分の力を誇示する言葉
・「自分も陰口を言われているのかも」と、部下を疑心暗鬼にさせる言葉