日本人女性として初めて米ハーバード大学大学院で経営学博士を取得、デジタル庁の事務方トップも務めた一橋大学名誉教授の石倉洋子氏。このコラムでは著書『世界で活躍する人の小さな習慣』から、石倉氏がダボス会議(世界経済フォーラム年次総会)などで交流を持った、世界のビジネスパーソンから得たヒントを紹介します。 (写真:Bruno Mezzetti/Shutterstock)