今、リアルでもインターネットの世界でも、人の話す「声」が大きな力を持っています。人気のネットコンテンツでも、聴覚メディアの先駆者であるラジオでも、声は人の好き嫌いに影響を与えます。その声の研究が進んでいます。高い声と低い声、話すスピードが速いのと遅いのとでは、どちらが人に好感を持たれるのでしょうか。本連載は新刊 『SENSE インターネットの世界は「感覚」に働きかける』 の一部を抜粋し、紹介します。

低音が一番「いい声」

 心理学や言語学の研究によると、低音の声は高音の声よりも好意的に評価される傾向にあります。イギリスの言語学者のアンドリュー・リン氏が2008年に手がけた研究によると、「ハリー・ポッター」シリーズのスネイプ役で知られる故アラン・リックマンの声が「理想の声」とされています。彼も低音の声ですね。

 興味深いのは国や言語を問わず「いい声」=「低い声」と認識されている点です。例えば、お笑いコンビの麒麟の川島明氏は自身の声を「ええ声」とネタにしていますが、彼の声もバリトンです。そこに私たちが違和感を抱かないのは「ええ声」のイメージが低い声だからでしょう。ですから声の分野では、言語的な特性や文化的な違いを超えて、普遍的な影響力があると考えられます。

 「いい声」、「低い声」、「高い声」に関する研究は1970年代から1980年代にかけて盛んに行われていました。

 ある実験では、甲高い声の話者は低い声の話者に比べて、真実味に欠け、協調性に欠け、力強さに欠け、神経質であると判断される結果が得られています。また、同年代を対象に行われた別の研究では、声が高くなると話者の能力が低く、善良ではないと感じられたということも分かっています。話した内容そのものにも話し手の印象にも、声の高さが大きく影響しているのが理解できます。

 噓をついているときの音声の特徴を調べた研究もあります。それによると、噓をついているときは声が高くなる傾向にあります。サスペンスドラマで噓をついている登場人物の声が上ずるシーンがありますが、まさにあれです。

 これらの研究は、声の高さとストレスや神経質、恐怖などの関連性を示唆しています。ですから、低音の声はストレスや神経質、恐怖と関係がないと判断されやすいですし、真実を語っている可能性が高いとも判断されやすい傾向にあります。

 ここで、気をつけなければいけないのは、これを判断するのは、「受け手」であるという点です。発する側の責任で信頼性が左右されるのではなく、受け手の情報処理だという点がポイントです。

スネ夫とばいきんまんの声が高いのは、ずるい奴に見せたいから

 こうした情報処理を巧みに利用しているのが幼児向けの番組です。ずるい奴や悪い奴が登場したときに、そうしたキャラクターの声には共通点があります。『ドラえもん』のスネ夫も『アンパンマン』のばいきんまんも声が高いですよね。視聴者にキャラクターのネガティブな印象を直感的に与えられるように声をつくっています。

 反対に低い声は「いい奴」と思われる可能性が高くなります。低く深みのある声は、なんと話し手の性格に好意まで与えるのです。その上、聴き手とは本来関連性の低い情報も受け入れる傾向が高まることも分かっています。

 つまり、発信する人そのものが深みのある声で信頼に値すれば、自分は興味がなかったり、自分に直接関係なかったりする情報でも「なるほど」と受け入れやすくなる傾向があります。ある意味、内容の意味が少し分からなくても、低い声だったら信じやすくなる面があるのです。

低い声は、好意を持たれやすい(写真:Shutterstock)
低い声は、好意を持たれやすい(写真:Shutterstock)
画像のクリックで拡大表示

「何を言っているかよく分からないけど頭がよさそう」なのは速くしゃべる人

 人は、速い音声には好感を持つといわれています。例えば、広告の発話速度が速くなると、聴き手がメッセージの内容を理解することが難しくなり、しかも広告自体から離脱してしまう可能性が高くなります。にもかかわらず、「なんだか分からないけどよく感じる」という説があるのです。

 中身が理解できていないというのに好感を抱くのはなぜでしょうか? この説によると、広告からの離脱の有無にかかわらず、リスナーは内容をあまり理解しない代わりに、話し手の声の好感度など、周辺の手がかりに焦点を当てるようになるというのが理由です。

 つまり、話の速度が速くなると、内容を無視して、話し手の「速い」という特徴が好意の形成にダイレクトに反映されるというわけです。

 内容が分からないので、逆に聴き手はこの人はどんな人なのか推測することにばかり関心が向いて、「よどみなく、深みのある声でしゃべっているから、この人は分かってるんだろうな」と好感を持って受けとめます。

 この仮説では、速くなるとよく内容が分からないので、周辺情報に関心が向いて、最終的に好意の形成につながります。速すぎると、聴き手は周辺情報に関心が向くのがこの説のポイントです。

最も信頼されない話し方は「高い声でゆっくり」

 これまでの声の高さと話す速さの話を組み合わせるとどうでしょうか。声は低いより高いほうが信頼性がないように聞こえるという研究を紹介しましたが、声が高くても、「速さ」を組み合わせると、知的だと感じられるようです。聴き手は内容をしっかり聴いて判断するのは負荷が高いので、高い声でも速くしゃべられると楽になり、「なんとなくすごい」と思ってしまいます。

 まとめると、聴き手を引きつけるしゃべり方としては「低い声でよどみなくしゃべる」が一番理想的です。その次は「高い声でよどみなくしゃべる」になります。その次に「低い声でゆっくりしゃべる」で、最も聴き手を引きつけないのが、「高い声でゆっくりしゃべる」になります。

 みなさんも早口でまくしたてられて、「なんだかよく分からないけれども、そうかもしれない」と感じてしまったことが一度や二度はあるはずです。実際にわたしたちの生活でそうした例は少なくありません。

 ラジオの業界では、話し手であるパーソナリティーがリスナーを熱量で引きつける力を「カロリー」と呼びます。カロリーが高い話し手ほど、ラジオの商品広告を担当しても返品率が低いというデータもあります。ですから、業界ではパーソナリティーはカロリーが高ければ高いほど良いとする風潮もあります。

 ただ、音声研究の観点からは本当に大切なのは、熱量ではありません。カロリーが高いパーソナリティーは興奮しがちです。興奮すると早口になります。速く話すことで、リスナーを引きつけ、たまにゆっくりとした会話を織り交ぜて緩急をつけると、聴いているほうは「なんかいいかも」となるわけです。これは話す技術です。

 実は、話がうまい人は内容をあまり意識していません。テクニックとして大切なのは、緩急のつけ方です。こちらのほうが聴き手を引きつけるのです。

 ラジオ広告の場合、間(音がない部分)がどうであるかは広告の内容理解や広告への評価にあまり影響しません。しかし、しゃべりの速度はパーソナリティーの声の高さと相互作用して消費者の反応に影響を与えます。さきほどお話ししたように「低い声で速く話す」がベストで、最も響かないのが「高い声でゆっくり話す」です。

 広告に対する好意的な気持ちは、間接的ですが、購買意欲にも関与します。広告に悪い印象を抱いていれば商品は買いません。ただ、広告に対して良い印象を持っていれば、購買につながる可能性はあります。つまり、発話の速度は消費者の購買意欲の形成にも一役買っています。

 ですから、広告で早口でまくしたてるのが、もしかすると消費者が買うきっかけにもなるかもしれません。多くの企業は広告の内容を伝えたいと必死なので、ゆっくり丁寧に伝えようとしますが、ゆっくり丁寧に伝えることが必ずしも好意形成にはつながらないのです。

(写真:Shutterstock)
(写真:Shutterstock)
画像のクリックで拡大表示
人間はラクな方に流れる。そして、戻れない

 インターネット上のコンテンツがいかに「感覚」を刺激しているのか、そこから生まれている新しいものとは一体何かなど、実際に人気のあるコンテンツやYouTuberを例に解説します。人間が感覚を刺激されることにいかに弱いのかが分かってくるはずです。
堀内進之介・吉岡直樹、日経BP、2420円(税込み)