新型コロナウイルスにより、一気にリモートワークが広がりました。通勤時間の削減、会議時間の短縮などのメリットがある一方、コミュニケーションや発想力の低下に課題を抱える企業もあります。このコラムでは、『どこでもオフィスの時代 人生の質が劇的に上がるワーケーション超入門』から、ベストセラー著作家の山口周氏が提案する「コロナ後の働き方についてのヒント」を紹介します。(写真:Niphon Subsri/Shutterstock.com)