近年、注目を集めている「メタバース」。ネットワークで接続されたコンピューターのなかに構築された仮想空間のことで、巨大な市場が生まれると期待されています。ハードウエア・スタートアップのShiftall(シフトール)を率い、パナソニックの新規事業開発にも深く関わる岩佐琢磨さんが、メタバースを深く理解し将来像を考える上で有効な本や、自身の起業の経験に照らし合わせて役立つ本を紹介します。(写真/加藤 康)