個人投資家の増える昨今だが、「株高につられて始めたものの、期待ほど儲(もう)かっていない」「思わぬ損をしてしまった」という嘆きの声を聞くことがある。なぜ、市場が活況にもかかわらず、たいした結果を残せないのか。それは「投資の原理原則を理解していないから」と、経済コラムニストの大江英樹氏はいう。証券会社で投資相談を担当し何万人もの個人投資家と接してきた大江氏から見た、「儲かる人」「儲からない人」の違いは何か。『あなたが投資で儲からない理由』(日本経済新聞出版)から一部を抜粋してお届けする。(写真:Shutterstock)