勉強してもなかなか結果が出ない、うまくいかないとすぐイラついてしまう――。そんな子どもは自分を「モニターする」力が弱いのかもしれない。自分で学んでいく力がある子、それが乏しい子では何が違うのか。成績が良い子が知らずにしている習慣とは? 様々な事例を踏まえて解き明かす。日経プレミアシリーズ『勉強できる子は○○がすごい』(日本経済新聞出版)から抜粋して解説する。(写真: Shutterstock)