書籍が発行されると、読者の様々な書評や感想がメディアやSNSに掲載されます。しかし、それよりはるか前に書かれた推薦文があります。書籍の中に収められた「解説」です。「この本の良さをもっと分かりやすく伝えたい」と考えた著者や編集者が、その本の全容を著者や編集者をも上回るほど十全に理解してくれて、読むべき内容について独自の視点から説いてくれる人を探し当て、文章にしてもらった熱き推し文――ぜひご一読ください。(写真/shutterstock)